メニュー

土の要らない土のう

男の人と女の人

都市部での防災に活躍

大雨などが発生した際、水害を食い止めるためにしばしば活用されるのが土のうです。土のうは薄い布製の袋ですが中に土砂を詰めることで堅固になり、積み上げて仮設の防壁を作ることができます。住宅やビルなどの入口に設置すれば、浸水を食い止めることが可能になります。この土のうですが、中には土砂をまったく必要とせずに使えるものもあります。それが吸水土のうです。吸水土のうは、一見すると普通の土のうと変わらない薄い袋ですが、中に特殊なポリマーが入っています。水槽やバスタブなどに投入するとこのポリマーが水を吸って膨張し、3〜5分程度で体積が数十倍になります。これを積み上げれば、普通の土のうと同様に堅固な防壁を築くことができます。吸水土のうの主な用途はやはり水害対策ですが、中でも都市型水害の対策グッズとして活躍しています。都市型水害とは、アスファルトで固められた都市部に降った雨水が街路を流れて建物などに浸水してしまうことをいいます。雨水が浸み込むべき地面がないために、被害が拡大してしまうのです。つまり、「土」がない場所ならではの災害と言えるわけです。このような場所では、普通の土のうを用意しておいても中に詰めるべき土砂を確保することが難しいため、十分な効果を上げることができません。しかし吸水土のうであれば、いっさい土を使わずに利用することが可能です。個人の住宅はもとより、商店やオフィスなどに備えておけば、被害を抑えるのに役立ちます。

Copyright© 2018 客席を便利に活用しよう【まざまなイベントで利用】 All Rights Reserved.